専門家会議の会見を見て

本日新型コロナウイルスについての専門家会議があり、その後記者会見が行われた。

 

今日は会見をYou Tubeで見ていた。

会見の内容ももちろん大切だが、今回はちょっと別の場所も見ていた。

 

それは、

 

You Tubeの横に流れるコメント欄だ。

 

「これが噂のネットの世界か!」と笑ってしまった。

 

そこで気づいたこと

 

コメントでは、

「国は何をしてくれるのか?」

「今の状況をどう解決して、どう保証してくれるのか?」

「あれをしろ!これをしろ!」

 

と国の責任を追求しているものが多かった。

 

 

僕はこの構図を知っている。

本で見たことがある。

 

 

「悪いあの人」と「可愛そうな私」だ

 

 

私はコロナで行動が制限され、将来についても不安な毎日を過ごしている。

なのに、国はどうして早く解決してくれないんだ!

責任を逃れるため、国の利益ばかり考えて緊急事態宣言をださないんだろ!

外出禁止、仕事も禁止にして、経済は国が保証すればいいだろ!

 

 

といった感情だろうか

 

 

冷静に考えれば専門家は少なくとも下手な一般市民より情報も持っているし、

国の利益と言ってもコロナが蔓延したら自分だって死ぬかもしれないのに、

対応をわざと遅らせることはないだろう。

 

 

だからこそ、ここでひっそりと言いたいことは、

 

「今」に悪い人はいない

みんなそのタイミングで最良だと思った行動をとってきた。

その中には今考えたら失敗だった行動もあるかもしれない。

けど、過去は変えられないから。

今から実現できる最良の未来のために全員で協力して頑張っていこう。

 

 

 

 

もちろん、だからといって政府の言うことはすべて100%盲信するべきと言っているわけではない。

 

もちろん政府の発表にも、

利権の絡みもゼロではないだろうし、

いろいろな人の思惑も絡み合ってると思う。

 

 

だから、国にも専門家にも一番良いと思える未来のために頑張ってもらいつつ、

自分たちもできることに最善をつくす。

 

「悪いあの人」も「可愛そうな自分」もいない。

 

 

大切なのはこれからどうしていくか。

 

一刻も早くコロナが収束し、当たり前だった生活を送れるように

今の状況で判断できる最善の行動をしていこう。

重大発表!?

挑戦!○×クイズ - SHINYAの塾講師

 

この記事に紹介した自宅の悲惨な状況

冷蔵庫がないんですよね…

 

 

 

生徒から「そんなのは家とは呼ばない」

なんて言われてきました…

 

どうぶつの森のテントの方がマシだそうです…

f:id:s-1224:20200325234445j:image

 

 

 

 

しかし、今回なんといよいよ家がレベルアップしました!

 

 

 

今の家に住んで早いもので4年ちかくかな?

 

必需品のあれです!

これで家と呼ぶに相応しいものに変わる事ができます!

 

 

これなら家に食べ物を置いておけます!

 

 

 

その家電は

 

 

 

こちら!

 

 

f:id:s-1224:20200325234036j:image

 

 

 

そう!

 

ケトルです!笑

 

 

 

これで家にカップラーメンを保存できます!

 

死から考える生きる意味

ここ1年くらいで「死」についての本を数冊読んで考えたこと。

 

死ぬことは悪いことなのか

本当は、死ぬことに付随する怪我の痛みや、病気の苦しみが嫌なだけじゃないのか。

 

 

また、多くの死に立ち会ってきた医師の本に書いてあったこと

 

多くの人の最後の後悔は

この世に残していく人に対する不安があることだ。

 

 

確かに、

自分に置き換えてみると、

結婚もしておらず、子どももいないからか、

もしも自分の余命が残り短いとなったときに、

そこまで大きな後悔は残らないと思っている。

 

 

 

 

ということは

生きている理由というのは、この世に残していく自分の大切な人のために命を使うためなのかもしれない。

 

それが死ねない理由であり、生きていく理由なのかもしれない。

 

じゃあ大切な人がいない人は?

 

 

だったらそんな人を見つけるために、全力で生きてみたら良いんじゃないかな。

 

 

 

そんなことを考えつつ、理系的に生きること自体に特別な意味なんかないとも思っている自分もいるから面白い

将来の進路を決められないあなたへ

進路が決まっていない中学生、高校生、大学生に伝えたい事

 

多くの子どもたちの進路に関わる事が多く、様々な相談もされてきた。

 

その中で多い相談は、

「将来やりたいことがら見つからない」

という相談だ。

 

 

高校まではまだ深刻な問題にならない。

「とりあえず普通科の高校に行く」

という選択で、その後のほとんどの選択肢を残しておけるから。

 

高校以降はそうはいかない

 

文系か理系か、

進学か就職か、

4年制か専門か、

 

この1つ一つが未来の人生を大きく変える。

 

 

将来やりたいことが何も決まらない若者にこの選択はなかなか決められない。

 

だからこそ「将来やりたいこと」が必要になる…

 

 

 

 

しかし、ここで声を大にして言いたいことがある。

 

「その『やりたいこと』という物は

どこかで自然に見つかるものなのかい?」

 

高校生、大学生はモラトリアムの期間と言われている。

 

将来の選択をする猶予の期間だ。

 

この言葉に甘えていないかい?

 

 

今自分のやりたいことが見つかっていない人は、

今後、何があっても、

いつまでたっても

「やりたいこと」なんていうものは見つからない

 

 

それはどこかに落ちているものではないのだから。

 

 

「じゃあ、将来の夢がある人は何だって言うんだ!」

 

そんな気持ちになるかもしれない。

 

 

将来の夢がある人は、

それを自分の夢にすると

"自分で決めた人"だ

 

 

もちろん、無意識に決めた人もいるかもしれない。

 

それでも、どこかで他の選択肢を切って

この目標に人生を賭けると決めた人だ。

 

 

決める瞬間は怖いし、不安になる。

それでも、今ある選択肢や情報の中から

自分が、より良いと思える道を選ぶしかない。

 

 

 

 

 

将来やりたいことが見つからない人へ

 

他のみんなだって不安なまま道を決めている

どうせずっと決まらないんだから

えいっと自分の夢を決めてみよう!

 

不思議とその道を全力で進んでいると、

この道で良かったと思えることが多いから!

 

間違っても後から選び直すことは可能だしね!

 

 

 

こんなことを偉そうに書きながら、

たまに自分自身の選択も不安になる。

 

けれど、この選択が最良だったと言えるよう

全力頑張る先輩からのアドバイス

理科の勉強法

爆裂個人塾長座談会にあった質問 への回答をさせていただきます。

 

 

いつもためになるお話ありがとうございます。
 新中3です。今回の期末テスト、理科は70点をきりました😱この閲覧所の情報のお陰で、英語が90を超えたので救われました。
 今後理科が崩壊していかないために、復習としては、同じテストをもう一度やってみる、で宜しいでしょうか?
 また、予習として、理科は教科書ガイドを買った方がよいでしょうか?
 これまでは中学必修テキストをネットで取り寄せていました。完璧にはこなせていません。テストが終わった今、受験に向け、これから理科を苦手にしないためにはどうしたらよいか、何卒お教えください。

 

 

新3年生の今の時期ですと、

電気や湿度の計算問題で苦戦する子が多くいますね。

いよいよ受験生になることに備えて、理科の勉強の注意事項をお伝えいたします。

 

理科の勉強のポイントは大きく2つあります。

 

1つ目は「暗記をすること」

2つ目は「納得すること」

 

です。

 

この2つは単元によっても割合が変わってきます。

1年生の植物の分野は「暗記」の要素が強いですが、

2年生の電気の分野は「納得」が必要です。

 

 

テストをもう一度解く作業は

 

「暗記」に関しては繰り返しが有効ですので、間違えた問題をとき直しする意味は大きいです。

ただ、「納得」に関しては解説を読んで理解する作業が必要になります。

 

教科書を読み直したり、学校の先生や近くに質問ができる人がいるなら

1度解説してもらってから取り組むと効果的です。

 

 

また、自分で学習する際のコツとして、

「自分で自分に説明してみる」という方法も活用してみてください。

 

周りに、説明を聞いてくれる人がいるなら聞いてもらえるといいのですが、

一人のときは自分に説明できるかどうか1問ずつ考えながらすすめると、

本当に理解できているかどうかを判断できます。

 

 

 

今後の受験勉強に関しては学校の勉強は予習よりも復習が重要です。

特に納得が必要な単元に関しては独学での予習は難しい部分があります。

 

ですので、学校で習った部分をその都度定着させていくとそのまま受験勉強に繋がります。 

 

 同時に、受験勉強では今まで学習してきた1、2年生の復習が鍵になります。 

今までに使用していたテキストがあるようでしたら、そのテキストを使って、

1、2年生の総復習を進めていくといいと思います。

 

 

 

理科は中学生になると、難しい、苦手、といった印象を持つ子が増える科目です。

 

ただ、1つ1つ理解して進めていけば繋がりがあり、簡単に納得できる科目でもあります。

 

少しでも自分で納得できない部分があったときに、そのままにせず、調べたり質問をしながらすすめて行きましょう!

幸せになる方法

前提として、人間は常に不満の中にいる。

 

寒い冬には夏の暑さが来て欲しいと感じ、

夏になれば、冬が待ち遠しくなる。

 

兄弟がいる人は、だいたい良いことないと言っているし、

逆に一人っ子の人は、兄弟が欲しかったと言っている。

 

独り身のときは恋人が欲しいと思うし、

恋人ができれば今度は1人の時間が欲しくなる。

 

結局、人間は常に不満を抱えているものだ

 

だからどんなに環境が改善したって

極端な例を除いて、いつまで経っても幸せになんかなれない。

 

 

大切なのは、今ある幸せにしっかりと目を向け

今の幸せに気づくことだ。

 

けどそこが難しい。

 

やっぱり無いものねだりをしてしまうもの

それも人間だから。

 

これができるようになれば毎日幸せに過ごしていける。

現在練習中

 

 

 

 

待ちに待った日曜日

授業をしているときは楽しみにしていても、

実際にやって来ると、授業に追われる毎日も捨てた物じゃないと思える。

 

そんなことを考えながら、また1週間の気持ちを整えていく。

裏側

楽しい時間の裏側に

 

経験した人にしか分からない大変な世界がある

 

どうやったらみんなが楽しんでくれるのか悩む日々

 

準備の段階で発生する問題

 

そういった事を乗り越えた先に楽しい時間が作られる。

 

 

だったら裏側に回りたくなんてない?

 

こればっかりはやった人にしか分からないけれど、

 

回りを楽しませる事が

 

自分ひとりで楽しむよりも

 

よっぽど楽しかったりする。

 

 

さらに実行力も鍛えられるしね!

 

 

パーティーグッズを片手に夜中に帰る先生を見送りながら

 

ふとそんなことを考えた。

 

f:id:s-1224:20191222020805j:image

 

よく見るとなんだこの表情は!?笑

 

 

きっと

やり切った充実感溢れる表情に違いない